PMS改善ピル「ヤーズ」には副作用による死亡例が!?

PMS改善ピル「ヤーズ」には副作用による死亡例が!?

生理前のPMSを本気で

治したいと思って婦人科を

受診したら・・・

PMS治療に保険適用される

超低用量ピル「ヤーズ」を

処方された。

でもお医者さんからは、

「ヤーズには副作用もありますので

何か異変を感じたらすぐに受診して

下さいね」

と言われたんだけど…

この「ヤーズ」の副作用って

実際的にはどんなものなの??

そんな風に思っている女性も

多いのではないでしょうか??

そこで、

PMS治療に保険適用される

超低用量ピル「ヤーズ」の

副作用についてお伝えします!

PMS治療に保険適用さえる低用量ピルって?

現在PMS治療に健康保険が

適用される低用量ピルとして・・・

◎ヤーズ

◎ヤーズフレックス

◎ルナベルLD

◎ルナベルULD

◎フリエルLD

この5つがあります。

フリウェルLDのみ、

ルナベルLDのジェネリック医薬品なので

値段的には一番安い価格です。

しかし、

フリウェルLD・ルナベルLD

世代的にはひとつ前の世代の

薬品を使用したピルです。

ですので、

最近のPMS治療としては

最新超低用量ピルの「ヤーズ」が

利用される事が多いです。

実際、

この「ヤーズ」はPMSなどの

月経困難症の治療に広く利用

されて・・・

重篤な副作用で死亡する女性が

複数報告されているんです。

「ヤーズ」には重篤な副作用による死亡例が??

このPMS治療に保険適用

されている低用量ピル「ヤーズ」は

重篤な副作用による死亡例が

複数報告されています。

この「ヤーズ」の死亡につながる

副作用の具体的な内容としては・・・

20代~40代の女性が

ヤーズ」を服用している際に

血栓症を引き起こし死亡した

というものが複数報告されています。

「ヤーズ」の重篤な副作用の

ひとつである血栓症の症状や兆候

としては・・・

「ヤーズ」の副作用の症状・兆候

●ふくらはぎの痛み

●むくみ

●手足のしびれ

●鋭い胸の痛み

●突然の息切れ

●押しつぶされるような胸の痛み

●激しい頭痛

●めまい

●失神

●目のかすみ

●舌のもつれ

●しびれ感

などが報告されています。

もしこういった症状のようなものを

感じた場合はすぐに低用量ピルを

処方してもらった医院に相談しましょう。

もし緊急度が高い場合は

救急病院や救急車という手段も

選択肢に入れておきましょう。

また、

これらの血栓症を発症し

死亡した女性には既往歴や家族歴、

喫煙などのリスク要因は見当たらず・・・

ヤーズ」を服用していた期間も

数日間~数年間という幅も存在し、

どういった要因によって血栓症のリスクが

上昇するかはよく分かっていないんです。

つまり、

ヤーズ」を服用している女性は

いつ何時死亡につながる血栓症を

発症するかわからないんです。

こういった事を受けて、

厚生労働省が「ヤーズ」服用の際の

重篤な副作用についての注意喚起の

ブルーレターを公布しています。

ですので、

産婦人科で「ヤーズ」が処方される

場合にはこの副作用の告知や注意喚起が

医師が行っています。

しかし、

こういった医師からの副作用に関する

注意喚起などが無い・・・

医師の処方がなく個人輸入などで

購入した・・・

というような状況で

ヤーズ」を服用するのは大変

危険なんです!!

さらにこういった

低用量ピルって人口のホルモン剤

ですので・・・

血栓症などの突然の死亡にまでは

至らなくても肝臓などに負担をかけ

肝機能障害を発症する場合も

多いんですよΣ(゚д゚lll)ガーン

肝臓は静かなる臓器といわれ

血液検査の数値などでしか異常を

発見しにくいんです。

自己判断で低用量ピルっを

服用していたら気づいたときには

肝硬変・肝臓ガンを発症して

いた・・・

なんてことにならないように

低用量ピルの服用には注意が

必要なんです。

さらに・・・

一番重要なことですが、

この低用量ピルって全ての女性の

PMSを改善してくれる特効薬

ではないんです!!

低用量ピルはPMS改善の特効薬ではない!!

実は、

PMS治療に健康保険適用される

低用量ピルもありますが・・・

低用量ピルはPMS改善の

特効薬ではありません!!

ではなぜ、

医師がPMS治療の第一選択として

低用量ピルを処方するのかと

言えば・・・

①PMSのメカニズム・原因は

まだはっきりと解明されていない

②一部の女性には改善効果がある

②「薬価差益」で儲けが出る

主にこの3つです。

PMSは原因もメカニズムも

治療法も確立されていない

婦人科疾患である。

↓ ↓ ↓ 

なにか薬を処方すれば儲かるから、

一部の女性に効果が認められている

定量用ピルを処方。

こういったシステムなんです。

しかし、

この確実性に欠ける理由で

処方される低用量ピルには

死亡や肝機能障害などにつながる

高いリスクを含んでいる・・・

あなただったら、

医師のすすめのままに

低用量ピルを服用しますか??

PMS研究先進国の治療方法とは?

PMS(月経前症候群)研究の

先進国イギリスのPMS改善

ガイドラインでは・・・

体に負担の大きい

低用量ピルや向精神薬の服用の前に

負担の少ないチェストベリーや

PMS改善に効果を認められた有効成分を

試すように推奨されてるってご存知でしたか?

それは世界的に見ても、

低用量ピルが体に大きな負担をかける

半面すべての女性のPMSを改善しない

という事を表しているのではないでしょうか?

でも日本国内だと、

チェストベリーとかって病院じゃ

処方してもらえないので、

自分で探すしかありません。

そこで、

日本国内でPMS(月経前症候群)

改善薬として販売されている製品で

おすすめなのが「ルナテア」なんです!

ルナテア」は厚生労働省で

PMS改善薬として認可された医薬品と

同量の40㎎配合しています。

さらにPMS改善成分を14種類

配合したホットドリンクタイプの

PMS改善製品ですので・・・

吸収力・即効性NO1のチェストベリー

製品なんです。

さらに1日分もたった66円と

ペットボトルのお茶よりも安く

PMS改善できてしまうんです!!

私自身、

PMS治療用の低用量ピルを服用しても

改善しなかったのですが・・・

この「ルナテア」を服用して、

長年苦しんできたPMS(月経前症候群)

改善する事ができたんです。

ですので、

本気でPMS(月経前症候群)

改善したいと考えている女性には

ルナテア」がおすすめなんですよ♪

今なら公式サイトからの購入で

30日間の全額返金保証も利用できます。

万が一体質に合わなかったり

効果を実感できなくても損をする事は

ありませんので安心ですよね?

※全額返金保証は「ルナテア」公式サイト

購入限定です。

こちらから⇒「ルナテア」公式サイトへ

ページの先頭へ戻る