PMS改善ピル「ヤーズ配合錠」には避妊効果はある?

PMS改善ピル「ヤーズ配合錠」には避妊効果はある?

PMS改善ピル「ヤーズ配合錠」とは?

保険適用のPMS改善ピル「ヤーズ」

現在、生理前のつらい症状である

PMS(月経前症候群)の改善の為に

婦人科を受診すると・・・

多くの場合、

女性ホルモン改善療法として

低用量ピルをすすめられます。

そして、その低用量ピルの中でも、

現在健康保険適用されるのは、

月経困難症の治療効果の認められた

ルナベルヤーズ配合錠の2種類です。

(ルナベルにはフリウェルという、

 ジェネリック製品もあります)

PMS(月経前症候群)

PMDD(月経前不快気分障害)も、

月経困難症の一部に含まれますので、

婦人科心療内科・精神科でも

PMSPMDDの改善をしたいといえば

処方してもらえることが多いようです。

病院を受診する前に、事前にHPなどで、

取扱いピルや保険適用の有無などの

チェックや問い合わせをしていった方が

確実に処方してもらえると思います。)

その中でも、

ヤーズ配合錠は超低量用ピルと呼ばれ、

副作用の少ないピルとして処方する

医師も多いそうです。

でも、

「ヤーズ」って重篤な副作用で

死亡例も多数あるってご存知ですよね?

さらに、「ヤーズ」では

PMS改善しない女性も多いんです。。。

「ヤーズ」で治らなかった

私のPMSを改善したのはコレ↓

返金保証をうまく利用してください。 

こちらから⇒【ルナベリー】公式サイト

ヤーズは副作用が少ないピル?

このヤーズ配合錠がどうして

副作用が少ないかと言えば…

このヤーズ配合錠の有効成分は、

黄体ホルモン(ドロスピレノン)と、

卵胞ホルモン(エチニルエストラジオール)

と呼ばれるホルモン剤です。

黄体ホルモンアンドロゲン(男性化)作用

と呼ばれる副作用が起こりやすいのですが、

「ドロスピレノン」という黄体ホルモンは

この副作用が少ないといわれています。

また

「ドロスピレノン」には弱い利尿作用も

あるので、ピルの副作用の代表的な

むくみも起こりにくいんです。

そして、

むくみ体重増加などの副作用の

原因となる卵胞ホルモンの量が

″超低用量”なんです!

卵胞ホルモン量は

日本最少量のなんと0.02㎎です。

このように有効成分の種類や量が

工夫されている為、

ヤーズには副作用が少ないんです。

それは女性にとっては

ありがたいことですよね!!

ヤーズは体に負担が少ないわけではない

ちょっと前までは、

ピルと言うと「太る・吐き気がする・

むくむ・頭痛がする」などの、

強い副作用があるイメージがありました。

その分、副作用が少ないという事は、

経口避妊ピルを敬遠していた女性も

試しやすいですよね??

でも実は、

このヤーズに配合されている

黄体ホルモン(ドロスピレノン)

薬効がとても強いピルでもあるんです。

ですので、配合量が少なくても

中用量ピルと同等の血中濃度になる

といわれています。

つまり、

「ヤーズ=体に優しい」とは

一概には言えないんだそうです。

PMS改善ピル「ヤーズ配合錠」には避妊効果はある?

PMS改善ピルには避妊効果はある?

ヤーズを服用す際に気になるのは…

「せっかくピルを飲むのに、

超低用量ピルだと避妊効果が

期待できないの?」

という事ではないでしょうか??

「月経困難症の改善薬」として

処方されているので、

まあ避妊効果については

保障されてはいません。

さらに、

ピル自体きちんと飲んでいても

100%避妊できるわけではないので、

コンドームなどとの併用が必須になります。

じゃあ、超低用量ピルである

ヤーズ配合錠には避妊効果がないの??

と不安になる女性も

多いかもしれませんが、

ご安心ください!!

ヤーズ配合錠は、

きちんと正しく服用すれば

避妊効果を期待できます!!

ピル=経口避妊薬なのですら、

超低用量であってもピルと名乗る

以上は避妊効果があります。

ただPMS改善の為に服用するピルを

服用する際には何点か注意すべき点も

ありますので、あわせてご参考くださいね♪

「ヤーズ」を服用する際の注意点

①血栓症のリスクが高まる

 血栓症とは、血管の中に

 血液の塊が生じ、

 血管の中の血流を悪くしたり、

 詰まらせたりする症状。

 最悪、脳梗塞や心筋梗塞で

 死に至る場合もある。

 脳梗塞と聞くと、高齢者の疾患の

 イメージがあるが、健康な若い女性でも

 このリスクは高まります。

 医師と相談の上、投薬を行い、

 何か異常を感じたら直ちに

 医療機関を受診してください!

②飲み忘れのリスク

 ヤーズに限ったことではないのですが、

 薬ののみ忘れや、下痢やおう吐などでも、

 効果が無くなってしまう事

 があります。

 その場合は、安全のために、

 医師に相談するなど適切な

 対応を行ってください。

③100%は避妊できない

 

 避妊にはピルだけではなく、

 コンドームやペッサリーなどの 

 避妊具を併用して対策をしましょう。

 (またピルでは性病は防げません)

④有効時間が短い

 超低用量ピルは、通常のピルより

 有効成分の血中濃度が短い時間で

 下がる。

 そのため、飲み忘れによる効果の失効

 が短時間で起こると考えられる。

 (普通のピルは24時間以内、

  ヤーズは6時間前後が

  リミットと医師に言われました)

そして一番重要な点は…

ピルではPMS(月経前症候群)改善

できませんでした!!

ピルではPMS(月経前症候群)を改善できない!?

PMS効果が確実ではなく副作用が多い

そもそもPMS改善に「ヤーズ」などの

ピルが確実に効果があるのかと言えば…

実は医療業界でも、

全ての女性のPMSに

確実に改善効果があるとは

言われていません。

というのも、

PMS(月経前症候群)

そのメカニズムや原因がまだはっきりと

分かっていません。

ですので、

一部の女性のPMSに改善効果があった

有効成分をすべての女性に対して

処方しています。

つまりPMS改善に処方されるピルは、

なぜ改善効果があるかわからないし

改善効果があるかもわからないけれども

とりあえず処方されているんです。

そんな理由で、

いくら副作用が少ないからといっても

体に負担のかかる人工ホルモン剤である

「ヤーズ」などのピルを服用し続けるのって・・・

ちょっと怖いですよね!?

さらに、

PMS(月経前症候群)の改善効果が

見られないならば…

体に負担をかけてまで

ピルを飲むの必要はありませよね??

ピルの前にサプリメントの服用がおすすめ

日本ではあまり知られていませんが・・・

PMS治療の先進国でもあるイギリスでは、

低用量ピルやホルモン治療の前に

PMS改善サプリメントやビタミン剤を

服用することが推奨されています!

低用量ピルは人工的に女性ホルモンに似た

物質を投与するため、体に負担がかかり

副作用も出る心配があります。

その前に、

自然由来の作用の穏やかな

サプリメントを試してみることが

推奨されているんです。

そこで、おすすめなのが

自然由来のハーブの力でPMSを改善する

サプリメント「ルナベリー」です。

サプリメントなんて気休めって

思うかもしれませんが・・・

この「ルナベリー」に含まれる

「チェストベリー」というハーブは

日本やドイツの厚生労働省でも

PMS改善効果が認められている

成分なんですよ!!

PMS改善にはルナベリ―が効果的

さらにPMS改善の医薬品でもある

厚生労働省認可の「プレフェミン」

という薬の主成分でもあるんです。

ただ「プレフェミン」は薬局の店頭で

生理に関する問診を受ける必要があって、

購入するがかなり恥ずかしい!!

そこで、「チェストベリー」のサプリを

通販で購入できる所を探したところ…

いちばんPMS改善の有効成分が多く、

120日間の全額返金保証も付いてる

「ルナベリー」を見つけました!

自然由来のサプリメントって

効き目が穏やかな分効果もゆっくり

あらわれてくるんですよね?

ですので、

じっくり効果が出るまで120日間試せる

「ルナベリー」はありがたいんです。

それに、

120日間使った後の全額返金保証制度も

あるので安心して試すことができます。

そして、

実際に私のPMS(月経前症候群)を

改善したのは「ルナベリー」なんです。

自分でもびっくりしたのですが…

お医者さんで高い金額で処方してもらった

PMS改善のピル「ヤーズ」よりも

ずっと効果があったんです!!

ですので私のように、

ひどい生理前のPMS(月経前症候群)

悩んでいる方は「ルナベリー」を試して

見るといいですよ(^^♪

今なら「ルナベリー」公式サイトなら

初回限定500円(送料込み)で購入

できます!

このお買い得のチャンスを逃さずに、

「ルナベリー」でPMS改善してみませんか?

全額返金保証付きで購入できるのは

コチラの公式サイトからだけです。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

⇒【ルナベリー】公式サイト

ページの先頭へ戻る