あなたのPMSの原因はエストロゲン?プロゲステロン??

あなたのPMSの原因はエストロゲン?プロゲステロン??

PMS(月経前症候群)の原因は個人によって違います!

「生理前になるとイライラする!」

「私はむくみや胸の張りが気になる」

「私は頭痛や腰痛など、体中がギシギシ

 痛くなってつらい…」

「私はお腹が張ったり便秘になりやすい」

「私は気分の落ち込みが激しくて

 生理前は会社にいるのもつらい」

生理前のPMS(月経前症候群)の症状は

女性によってそれぞれ違います。

PMSは公式に認められているだけでも

200もの症状があるとされています

公式に認められていない症状も考えると

女性の数だけPMS(月経前症候群)

症状が存在するといわれています!!

「おなじ病気なのにどうして女性によって

 症状の出方や種類が違うの?」

って疑問に思いますよね??

じつはこれは、

PMS(月経前症候群)

原因が人によって違うからなんです!!

「え??同じPMSでも原因が違うなんて事

 あるの???」

大まかな原因は同じなのですが…

たとえば、

インフルエンザならばインフルエンザウィルスが

原因となりますよね??

このインフルエンザウィルスにも

種類があり、大きく分けて

インフルエンザ A型

インフルエンザ B型

インフルエンザ C型

があります。

それぞれ、

インフルエンザ A型

感染力が高く高熱が出やすい

パンデミックの原因になる。

新型インフルはこのタイプ

インフルエンザ B型

感染力は弱いが重症化しやすい。

消化器系の症状が出やすい。

インフルエンザ C型

免疫力の弱い乳幼児にみられる

症状はおだやかで普通の風邪と

区別がつきにくい。

一度かかると免疫が作られるので

何度も罹患することはない。

といったタイプ別に特徴があります。

じつはPMS(月経前症候群)

こういったタイプに分けることが

できるんです!

原因から考察するタイプ別「PMS(月経前症候群)」

大まかに分けると4つに分けられます。

エストロゲン過剰型

 30歳前後のエストロゲンの分泌が

 ピークに達する年齢の女性に多い。

 エストロゲンの分泌が増える

 排卵前後の時期にPMS症状が表れやすい。

 ・胸のはりやむくみを感じる

 ・排卵前後に急激に感情変化がある

 ・ぼんやりしやすい

 ・眠くなりやすい

 ・急に攻撃的になる

 エストロゲンの分泌量は

 プロゲステロンの分泌量に

 関連がある。

 エストロゲン過剰の女性は

 プロゲステロンも過剰なことが多い。

エストロゲン不足型

 エストロゲンの分泌が増える

 排卵前後の時期に症状が表れやすい。

 10代の若年期と40代の更年期に

 多いタイプ。

 ・月経不順、無排卵

 ・肌やくちびるなどが荒れたりかさついている

 ・不安感を強く感じる

 ・排卵前後に急激に感情変化がある

 エストロゲン不足の女性は

 プロゲステロンも不足している

 ことが多い。

プロゲステロン過剰型

 30歳前後のエストロゲンの分泌が

 ピークに達する年齢の女性に多い。

・生理直前に症状が強く表れる

・月経過多・レバー状の経血が見られる

・オイリー肌・ニキビになりやすい

・常にイライラ・攻撃的になりやすい

・神経質でちょっとしたことが気に障る 

 プロゲステロンの分泌量は

 エストロゲンの分泌量に

 比例して増えるので、

 プロゲステロン過剰の女性は

 エストロゲンも過剰なことが多い。

プロゲステロン不足型

・月経不順、無排卵

・流産をしやすい

・気分が落ち込みやすい

・生理前に涙もろい

 10代の若年期と40代の更年期に

 多いタイプ。

 プロゲステロン不足の女性は

 エストロゲンも不足している

 ことが多い。

あなたのPMSタイプはどの

タイプだったでしょうか??

実はこれは血液検査などで

数値的に判断できるほどの差異が

みられることは稀です。

個人差も大きい為、

このぐらいの値分泌されてれば

正常というような判断はあまり

意味がありません。

エストロゲンとプロゲステロンの

分泌量の比率は通常200:1の

程度の割合を基準としており、

このバランスが乱れることで

PMS(月経前症候群)が起こるとも

考えられています。

自分のPMSのタイプを知って

それに合った改善方法を試してみましょう♪

タイプ別「PMS(月経前症候群)」改善方法

①エストロゲン過剰タイプ

 エストロゲンには、エストラジオール

 エストロン・エストリオールと3つの

 種類があります。

 その中でも悪玉エストロゲンと呼ばれ

 PMS(月経前症候群)の原因とも言われる

 「エストロン」は脂肪細胞で作られやすいんです!

 ですので、

 体脂肪を減らしてみましょう!!

 体重は少ないけれど体脂肪率が高い

 隠れ肥満の女性も要注意です!!

 肉食を控えることで、

 女性ホルモンの過剰分泌を

 抑えられるとも言われています。

②エストロゲン不足タイプ

 エストロゲンを補う事が重要です!!

 エストロゲンの働きを助ける成分として

 知られているのが大豆に含まれる

 大豆イソフラボンです!

 でも実は大豆イソフラボンは

 ある特定の腸内細菌で分解されないと

 女性ホルモンの働きを助けてくれません。

 また、この腸内細菌を保有しているのは

 全体の半分の女性だけなんです!

 そして20代女性や関西に住む方は

 この腸内細菌の保有率が20%程度

 なんだそうです!

 このエストロゲンの働きを助ける

 大豆イソフラボンを分解した

 「エクオール」と言う成分を

 配合したお薬が最近発売されました!

婦人科疾患専門医と共同開発した

AMC社「エクオール+ラクトビオン酸」

という製品です。

 このスーパーイソフラボンとも

 呼ばれる「エクオール」は、

 ほうれい線などのシワを改善して

 くれる特効薬として注目されています!!

 (「NHKスペシャル」という番組で放送されて

  店頭の品薄状態が続いているそうです)

③プロゲステロン過剰タイプ

過剰な肉食や運動などで

このプロゲステロンは増える

といわれています。

またストレスもこのプロゲステロンに

悪影響を及ぼすことが多いので、

ゆったりとリラックスを心がける事が

大切です。

そしてラッキーなことに!

このプロゲステロンの過不足を

整える作用のある成分があります!!

「チェストベリー」と呼ばれる

誠意用人参木という木の実の生薬です。

これは古来よりPMS改善に利用されてきた

安全性の高いハーブなのですが…

厳格さで有名なドイツの厚生労働省に

あたる機関でも、

PMS改善に対する安全性と有効性が

認められています!

また日本でも最近

このチェストベリー40㎎のみを

有効成分とする『医薬品』初の

PMS改善薬「プレフェミン」が

厚生労働省の認可を受けて

発売されました!

それだけ、チェストベリーがPMS改善に

有効性と安全性を認められているという

証明でもあります!!

このチェストベリーエキスを

プレフェミンと同量の40㎎配合し、

それ以外も10種類以上の有効成分を

配合したPMS改善薬が通販で購入できます。

(プレフェミンは薬局で生理前の

 症状について、薬剤師の問診を

 受けないと購入できない薬です)

それは「ルナベリー」という

PMS(月経前症候群)改善薬です。

プロゲステロン過剰で悩む女性は

こちらの「ルナベリー」をお試しください♪

④プロゲステロン不足タイプ

妊娠をつかさどるプロゲステロン不足の

女性は、妊娠を継続することが難しく

流産を繰り返してしまう事があります。

今後妊娠出産を希望される女性は

ぜひ妊活の前にプロゲステロン不足を

改善しましょう!

 

このプロゲステロンの過不足を

整える作用のある成分があります!!

「チェストベリー」と呼ばれる

誠意用人参木という木の実の生薬です。

チェストベリーは女性ホルモンの

過剰だけではなく、不足も改善する

効果がある万能選手なんです!!

これは古来よりPMS改善に利用されてきた

安全性の高いハーブなのですが…

厳格さで有名なドイツの厚生労働省に

あたる機関でも、

PMS改善に対する安全性と有効性が

認められています!

また日本でも最近

このチェストベリー40㎎のみを

有効成分とする『医薬品』初の

PMS改善薬「プレフェミン」

厚生労働省の認可を受けて

発売されました!

それだけ、チェストベリーがPMS改善に

有効性と安全性を認められているという

証明でもあります!!

このチェストベリーエキス

プレフェミンと同量の40㎎配合し、

それ以外も10種類以上の有効成分を

配合したPMS改善薬が通販で購入できます。

(プレフェミンは薬局で生理前の

 症状について、薬剤師の問診を

 受けないと購入できない薬です)

それは「ルナベリー」という

PMS(月経前症候群)改善薬です。

プロゲステロン不足で悩む女性も

こちらの「ルナベリー」をお試しください♪

今なら公式サイトからの購入で

全額返金保証制度も利用できます。

万が一体質に合わなかったり、

改善効果を実感できなくても安心して

お試しできますよね?

※全額返金保証制度を利用できるのは公式サイトだけです。

⇒「ルナベリー」公式サイトはこちらから

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ページの先頭へ戻る