PMS改善ピル「ヤーズ配合錠」には避妊効果はある?

PMS改善ピル「ヤーズ配合錠」には避妊効果はある?

PMS(月経前症候群)改善ピル「ヤーズ配合錠」とは?

現在、生理前のつらい症状である

PMS(月経前症候群)の改善の為に

婦人科を受診すると、多くの場合、

女性ホルモン改善療法として

低用量ピルをすすめられます。

⇒ピルはPMS改善効果ナシ?それならエクオール

そして、その低用量ピルの中でも、

現在健康保険適用されるのは、

月経困難症の治療効果の認められた

ルナベルヤーズ配合錠の2種類です。

(ルナベルにはフリウェルという、

 ジェネリック製品もあります)

PMS(月経前症候群)

PMDD(月経前不快気分障害)も、

月経困難症の一部に含まれますので、

婦人科心療内科・精神科でも

PMSPMDDの改善をしたいといえば

処方してもらえることが多いようです。

(病院を受診する前に、事前にHPなどで、

 取扱いピルや保険適用の有無などの

 チェックや問い合わせをしていった方が

 確実に処方してもらえると思います。)

その中でも、

ヤーズ配合錠は超低量用ピルと呼ばれ、

副作用の少ないピルとして処方する

医師も多いそうです。

このヤーズ配合錠がどうして

副作用が少ないかと言えば…

このヤーズ配合錠の有効成分は、

黄体ホルモン(ドロスピレノン)と、

卵胞ホルモン(エチニルエストラジオール)

と呼ばれるホルモン剤です。

黄体ホルモンアンドロゲン(男性化)作用

と呼ばれる副作用が起こりやすいのですが、

「ドロスピレノン」という黄体ホルモンは

この副作用が少ないといわれています。

また「ドロスピレノン」には弱い利尿作用も

あるので、ピルの副作用の代表的な

むくみも起こりにくいんです。

そして、

むくみ体重増加などの副作用の

原因となる卵胞ホルモンの量が

″超低用量”なんです!

卵胞ホルモン量は

日本最少量のなんと0.02㎎です。

このように有効成分の種類や量が

工夫されている為、

ヤーズには副作用が少ないんです。

それは女性にとっては

ありがたいことですよね!!

ちょっと前までは、

ピルと言うと「太る・吐き気がする・

むくむ・頭痛がする」などの、

強い副作用があるイメージがありました。

その分、副作用が少ないという事は、

経口避妊ピルを敬遠していた女性も

試しやすいですよね??

でも実は、

このヤーズに配合されている

黄体ホルモン(ドロスピレノン)は薬効作用が

強い部類のものであり、配合量が少なくても

中用量ピルと同等の血中濃度になる

といわれています。

ですので、

「超低用量=体に優しい」とは

言えないんだそうです。

PMS改善ピル「ヤーズ配合錠」には避妊効果はある?

ヤーズを飲む際に気になるのは…

「せっかくピルを飲むのに、

超低用量ピルだと避妊効果が

期待できないの?」

という事ではないでしょうか??

「月経困難症の改善薬」として

処方されているので、

まあ避妊効果については

保障されてはいません。

さらに、

ピル自体きちんと飲んでいても

100%避妊できるわけではないので、

コンドームなどとの併用が必須になります。

じゃあ、超低用量ピルである

ヤーズ配合錠には避妊効果がないの??

と不安になる女性も

多いかもしれませんが、

ご安心ください!!

ヤーズ配合錠は、

きちんと正しく服用すれば

避妊効果を期待できます!!

ピル=経口避妊薬なのですら、

超低用量であってもピルと名乗る

以上は避妊効果があります。

ただ何点か注意すべき点もありますので、

あわせてご参考くださいね♪

①血栓症のリスクが高まる

 血栓症とは、血管の中に

 血液の塊が生じ、

 血管の中の血流を悪くしたり、

 詰まらせたりする症状。

 最悪、脳梗塞や心筋梗塞で

 死に至る場合もある。

 脳梗塞と聞くと、高齢者の疾患の

 イメージがあるが、健康な若い女性でも

 このリスクは高まります。

 医師と相談の上、投薬を行い、

 何か異常を感じたら直ちに

 医療機関を受診してください!

②ヤーズに限ったことではないのですが、

 薬ののみ忘れや、下痢やおう吐などでも、

 効果が無くなってしまう事

 があります。

 その場合は、安全のために、

 医師に相談するなど適切な

 対応を行ってください。

③避妊にはピルだけではなく、

 コンドームやペッサリーなどの 

 避妊具を併用して、

 対策をしましょう。

 (ピルだけでは性病は防げませんしね)

④超低用量ピルは、通常のピルより

 有効成分の血中濃度が短い時間で

 下がる。

 そのため、飲み忘れによる効果の失効

 が短時間で起こると考えられる。

 (普通のピルは24時間以内、

  ヤーズは6時間前後が

  リミットと医師に言われました)

そして一番重要な点は…

私はピルではPMS(月経前症候群)改善

できませんでした!!

PMS(月経前症候群)

生理前の時期に分泌が増える

黄体ホルモンが原因の一つであると

言われています。

この黄体ホルモンが少ない

生理直後~排卵の時期はキラキラ期

黄体ホルモンの量が増える

排卵~生理開始までのPMSの時期

という周期がピルを飲むことで…

ずーーーっと憂鬱、

どんよりプチPMSが続く

という状態になりました。

これは、ピルに黄体ホルモンを

一定に保つという作用があるため、

急激な体調の乱高下がない代わりに

ずーっと黄体ホルモンの不調が続くという

症状が起こったと考えられます。

いくら副作用が少ないからといっても

実際にPMS(月経前症候群)の改善効果が

見られないならば…

体に負担をかけてまで

ピルを飲むのは得策ではありません!

私のPMS(月経前症候群)を実際に

改善したのはサプリメントでした。

大豆由来のスーパーイソフラボン

「エクオール」で、30代以降に減少する

卵胞ホルモンを補うことで

速攻で改善効果を感じました。

実はあまり知られていませんが、

PMS治療の先進国でもある欧米では

低用量ピルやホルモン治療の前

PMS改善サプリメントやビタミン剤を

服用することが推奨されています!

低用量ピルは人工的に女性ホルモンに似た

物質を投与するため、体に負担がかかり

副作用も出る心配があります。

その前に、

自然由来の作用の穏やかな

サプリメントを試してみることを

薦められています。

サプリメントに配合されている成分は

ハーブや生薬が中心で、

臨床で安全性と有効性を認められてきた

成分ですので安心です。

日本の産婦人科で

PMS(月経前症候群)の治療で

受診してもピルと漢方のみしか

選択肢はありません。

ですので、

日本に住んでいる方は自分自身で、

PMS(月経前症候群)に効果のある

サプリメントを探して試してみる

必要があります!

あなたの体質やつらい生理前の

PMS(月経前症候群)の症状に合った、

改善方法を一緒に探してゆきましょう♪

ページの先頭へ戻る