ルナベリーで生理前のイライラは改善できる??

ルナベリーで生理前のイライラは改善できる??

PMS(月経前症候群)改善薬で一番人気の「ルナベリー」

・医薬品「プレフェミン」
 有効成分と同量の
 チェストベリー40㎎配合

 さらに9種の有効成分と
 7種のビタミン・ミネラルで
 総合的にPMSを改善!!

インターネットから購入でき
 お届けも「ポストに投函」
 誰にも知られずPMS改善!

 PMSは女性のデリケートな

 悩みのですので、こういった

 配慮はうれしいですね♪

リピーター率93%

 効果があるからリピータが
 絶えません!!

「ルナベリー」

PMSに悩む女性に欠かせない

成分を、1日1回1錠のみを

手軽に摂取できるので

忙しい女性にぴったりなんです!!

こういった理由から、「ルナベリー」

PMS(月経前症候群)の改善薬として

多くの女性に服用されています!

ルナベリーはPMS(月経前症候群)のイライラを改善してくれる??

PMS(月経前症候群)の症状を

改善してくれるっていうけれど…

PMS(月経前症候群)の症状って

公式に認められているだけで

200種類もあるんです!

そのなかでも、

私のイライラ症状を本当に

改善してくれるの??

って気になりますよね??

そこで、

PMS(月経前症候群)改善薬として

唯一医薬品と認められている

「プレフェミン」に含まれる

チェストツリーの改善効果に

ついて調べてみました!!

なぜ「ルナベリー」ではなく、

「プレフェミン」の効果について

なのかと言うと・・・

「プレフェミン」は厚生労働省で

製造販売の認可を受け、

PMS改善効果を認められた医薬品です。

(有効性を確かめる臨床実験データなども

 厚生労働省に提出済み)

「ルナベリー」「プレフェミン」

同一・同量の有効成分である

チェストベリーを40㎎配合しています。

(ルナベリーはさらに9種の有効成分

 7種のビタミン・ミネラルを配合)

プレフェミンの有効成分って

チェストベリー40㎎のみなんです。

つまり、

厚生労働省がチェストベリーの

PMS(月経前症候群)の改善効果を

認めたという事なんです。

また、このチェストベリー

厳格で有名なドイツの厚生労働省に

あたる機関で、有効性と安全性を

認められている有効成分なんです。

ですので、

ただの生薬・ハーブでは

ありません!!

ではこの「ルナベリー」に含まれる

チェストベリーの効果を

見てゆきましょう!

☆チェストベリ―のPMS症状改善率

症状 改善率
怒り 90.2%
いらいら感 83.0%

抑うつ気分

(気分の落ち込み)

84.6%

頭痛 90.0%
乳房のはり 78.2%
肌荒れ 82.1%
腹部膨満感 74.0%
疲労倦怠感 88.5%
眠気 83.4%
不眠 90.7%

これらは日本人女性に対する

臨床結果ですので、

より改善効果に期待ができます。

PMS(月経前症候群)の

「イライラ感」も83%の女性が

改善したと回答しています!

また、チェストベリー

3ヶ月以上続けて服用する事で

効果が高まる成分であるという

データもあります。

1ヶ月目(1周期目)改善率64.2%

2ヶ月目(2周期目)改善率80.6%

3ヶ月目(3周期目)改善率90.1%

ですので、チェストベリーは継続して

服用することが大切なんです!!

参考・出典

ゼリア新薬 プレフェミン公式サイト

ゼリア新薬さんは、

PMS(月経前症候群)が女性の

QOLの質の向上やPMSに対する

意識の変革を行い、

PMS(月経前症候群)は病気であり

治療を必要とするものであると

周知する意味でもPMS改善薬の

市販化に踏み切ったそうです。

女性にとってはこういった

企業が存在することは

本当にありがたいですね!

でも、「プレフェミン」には

気になる点も…

チェストベリーは、

黄体ホルモン(プロゲステロン)

分泌の過不足を補う作用が

認められています。

しかし、PMS(月経前症候群)

原因となるのは様々な要因や

女性ホルモンが関係していると

いわれています。

チェストベリーだけで

すべての女性のPMS(月経前症候群)

改善できるでしょうか??

その点、「ルナベリー」ならば

チェストベリー40㎎(プレフェミンと同量)

に加えて、

大豆胚芽(イソフラボン含有) 

レッドクローバー

ブラックコホシュ

ピクジェノール

ワイルドヤム

月見草 

パッションフラワー

亜麻仁油

イチョウ葉

ビタミンB群

などの様々な有効成分を含み

総合的にPMS(月経前症候群)

改善してくれます!

女性の生理は主に、

黄体ホルモン卵胞ホルモン

相互作用で成り立っています。

そこへ、黄体ホルモンの乱れを

改善するチェストベリーだけ

服用したらどうなるでしょうか??

「ルナベリー」ならば、

卵胞ホルモンの働きを助ける

イソフラボン類を複数配合

していますので、

バランスよく子宮や卵巣に作用して

PMSを改善してくれます。

ですので、私がPMSの改善薬として

効果が期待できると思うのは

「ルナベリー」なんです!

実は私も「ルナベリー」

ずーーっと愛用しています。

値段はそれほど安くないのですが、

病院代や病院に行く手間を考える

どうしても「ルナベリー」

手放せません。。。

まだ怖いので試していませんが、

「ルナベリー」を続けていたら

体質改善されて、

PMS(月経前症候群)が根本から

治ったと言う口コミを発見!

そろそろ「ルナベリー」卒業試して

みようかと画策中です!!

また、そのあたりも実行できたら

このサイトで更新してゆこうと思います♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ページの先頭へ戻る