プレフェミンって本当にPMSを改善する効果があるの?

プレフェミンって本当にPMSを改善する効果があるの?? 

プレフェミンは生理前のPMSに改善効果が期待できる?

CMでもおなじみのPMS改善薬「プレフェミン」

ご存知ですか?

一番の強みは、

生理前のつらいPMSを改善する医薬品が

近くのドラックストアで購入できるという点

ではないでしょうか?

お医者さんが処方する薬と同等の扱いである

「医薬品」であるという事も、

効果を期待できる要因ですよね??

でも、お医者さんに行かなくても、

自分の都合の良い時に、

自分の判断で購入できる、

という点もポイント高いですよね??

これってまさに、

つらい生理前のPMS(月経前症候群)

改善する最強アイテムなのでは??

そう考えた女性は私だけじゃないですよね?

そこで、私は購入する気満々で、

プレフェミンを販売している

ゼリア新薬さんのホームページを

覗かせていただきました。

というのも以前、

口コミサイトで評価の高かった

保湿クリームを入手しようとした際、

なかなか販売しているお店が見つからず、

ホームページを見たら限定直営薬局と

ネット上でしか販売していなかったという

経験があったからです。

また、薬局を何件もさがしまわるのは嫌!

そんな、めんどくさがりな私は

プレフェミンの公式サイトを

すみずみまでチェックしました。

そして、プレフェミンについて

様々なことが分かりました!!

プレフェミンの効果・成分・購入方法

プレフェミンは、PMS(月経前症候群)

改善する目的で、開発されました。

つまりプレフェミンは、

PMSの改善薬です。

でもPMS(月経前症候群)といっても、

人によって症状はさまざまで

200前後の症状があると言われています。

自分のPMS(月経前症候群)の症状を

改善してくれるの?

っという点が気になりますよね??

プレフェミン公式サイトでは、

【効能効果】月経前の乳房のはり・頭痛・イライラ・怒りっぽい・気分変調

乳房のはり(改善率78.2%)

頭痛(改善率90%)

いらいら感(改善率83%)

怒り(改善率90.2%)

抑うつ気分(改善率84.6%)

肌荒れ(改善率82.1%)

疲労倦怠感(改善率88.5%)

腹部膨満感(改善率74%)

睡眠障害・眠気(改善率83.4%)

睡眠障害・不眠(改善率90.7%)

これらの症状に改善効果

期待できるそうです。

改善率を見ると、

けっこう期待できますよね?

むくみのぼせもPMSの症状としては

記載があったのですが、

改善率等は記載がなかったので、

思ったような改善データを

得られなかったのかもしれません。

そしてその改善効果は、

月経周期3回目、つまり約3か月

継続して服用した時点で、

91%の人がPMSが改善したと

評価したそうです。

まあ、91%ならば、

ほぼ全員に改善効果が見られたと

言っても過言ではありませんよね?

ますます期待が高まります、

プレフェミン!!

でも、そんなに改善効果の期待できる、

プレフェミンの有効成分ってなんなの?

体に負担がかかる強い薬品とか、

つらい副作用があったりする

可能性はないの?

って思いますよね?

実はプレフェミンの有効成分は、

「チェストベリー」という

ハーブのエキスのみなんです!!

チェストベリーは西洋で古くから

婦人科疾患の改善に使用されてきた、

植物で、西洋人参木とも呼ばれます。

このチェストベリーただの植物ではなく、

ドイツでは政府の機関が医療薬として

効果と安全性を認めた医薬品なんです。

チェストベリーエキス20㎎で

PMS改善効果が認められており、

プレフェミンには2倍の40㎎の

エキスが配合されています。

なので、植物由来の成分であっても、

高い改善効果が期待できるんですね!

1日1回の服用で良いというのも、

ポイント高いですよね!

そしてさらにうれしいのは、

ピルのように飲み忘れにそこまで、

気を遣わなくて良い点です。

ピルは1回の飲み忘れで、

1か月分の効果が失われてしまう

という可能性もあり、

けっこう緊張感があります。

価格は1か月分1800円(税抜)です。

高いとみるか、安いとみるか…

微妙なところですね。。。

保険適用の低用量ピル

1周期分の価格は1500円程度

だったので決して安くはありません。

(このブログのピルによるPMSの改善方に

 関連する記事を見ていただければ、

 ピルでもPMSが改善しないことがある

 という事を知って頂けると思います)

でもでも、プレフェミン

病院で待つ必要もなし!

お医者さんに診察してもらう必要もなし!

気軽にドラッグストアで、

買えるのがうれしい♪

婦人科に入るところを知り合いに

うっかり見られて気まずい

なんて心配もありません!!

スマートにドラッグストアに行き、

プレフェミンを買い物かごに入れ、

レジでお金を払うだけ!!

少し試してみたくなりますよね?

…って、ちょっと待ってください。。。

「プレフェミンの購入方法」

見落としてました!!

PMS改善薬プレフェミンの購入方法とは

プレフェミン公式サイトによると…

1.薬剤師のいる薬局へ行きましょう

2.気になる症状がPMSによるものか、

  薬剤師と確認します。

3.PMSによるものと考えられる場合は、

  プレフェミンを購入できます。

 (PMS以外によるものと考えられる場合は、

  医療機関を受診してください。)

4.プレフェミンのお客様用リーフレットに

  ついている購入カードを確認します。

5.2回目以降の購入の際は、購入履歴を

 記載した購入カードを薬局に持参します。

えっと、、、どこから言えばよいでしょうか?

まず、

1.薬剤師のいない薬局は、

薬局と言えないのでは?

という愚問は置いておいて…

2.薬剤師と確認という点…

ひどい薬局では、

薬剤師って時間限定でしか

居なかったりします。

普通のドラックストアでも、

薬剤師は一人体制の勤務が基本であり、

トイレやお昼休憩などに当たると、

店頭に不在である可能性があります。

そして、わざわざ薬剤師を呼び出して

貰ったとしても、その薬剤師

女性であるという保証はありません。

男性の薬剤師さんが来たからと言って、

チェンジ!っていう訳にもいきませんよね?

まあ、その男性に個人的に自分のPMSを

相談しているわけではないと、

グッと自分に言い聞かせて、

自分のPMSの症状を薬剤師に伝えます。

なぜならば、薬剤師に自分の症状が

PMSであると認定してもらわないと、

「プレフェミン」を購入すらできない為

なんです。

では、その伝えている場面を

想像してみましょう。

1.ドラッグストアに行き、

うろうろ薬剤師さんを探す。

(居ない場合は呼び出してもらう)

.みんながを買い物をしている中で、

  「生理前になると胸が張る、

   情緒不安定・イライラする、

   便秘や下痢等の症状がある。」

と薬剤師に伝える。

病院の個室ならばいざ知らず、

誰でも自由に買い物できる薬局の店頭で、

自分の生理前のつらさを訴えられますか?

もし薬剤師が、中年男性の薬剤師さんだったり、

イケメンの若い薬剤師だったらどうでしょうか?

ちょっとした拷問ではないでしょうか?

そして、PMSの症状を伝えても、

薬剤師がPMSと認定しなければ、

「プレフェミン」って購入すら

できないんです。

購入できたとしても、

値段はピルよりも高い…

…なんか普通に病院に行った方が、

ずっとマシなんじゃないかな?

と思ったのは私だけでしょうか??

でも病院行くと、

薬代だけじゃなく初診料や検査費が

かかるかも?

(初診の場合は、

 大体5000円の出費は覚悟が必要です!)

婦人科の内診されるも苦手。。。

っていうか、病院毎月行く時間がない。。。

っていう女性も多いですよね?

私もその一人です!!

プレフェミンよりも効果のある改善薬

そして私が最終的に選択した答えは、

「通販でプレフェミンのような

 PMS改善薬を購入する。」

です。

なぜならば...

プレフェミンの有効成分である、

チェストベリーを配合した

サプリメントが通販で買えるからです。

それも、プレフェミンの配合量と

同量の40㎎配合しているサプリメント

を見つけました。

さらに、チェストベリーに加え、

PMSに改善効果が期待される成分が

含まれています。

・チェストベリー(40mg)

 別名西洋人参木とも呼ばれ、

 PMSの原因である黄体ホルモン

 (プロゲステロン)の働きを整える。

 脳下垂体に作用して、黄体ホルモンが

 不足している時は分泌を促し、

 過剰な場合は分泌を抑える効果がある。

・月見草オイル(100mg)

 アメリカインディアンが

 昔から使用してきた治療薬。

 必須脂肪酸であるγリノレン酸を含み、

 女性ホルモンの乱れを改善する。

・亜麻仁油(100mg)

 卵胞ホルモン(エストロゲン)という

 女性ホルモンと同様の働きをする

 リグナンという成分を含む。

 
・ピクノジェノール(フラバンジェノール)

  海岸松から抽出されたフラボノイド複合体で、

  高い抗酸化力があります。

  体の酸化がいろいろな不調や病気の

  原因と考えられていますので、

  ぜひ摂取したい成分です。

・ワイルドヤム(山芋の一種)

 ジオスゲニンという成分が、

 プロゲステロンの生成を促し、

 女性ホルモンが整う。

 またバストアップの効果も

 高いと言われたいます。

 
・ブラックコホシュ

 北アメリカが原産のハーブで、

 イソフラボンとタンニンを含みます。

 イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲン

 と同様の働きをします。

 タンニンは強い抗酸化力を持ち、

 体調を整えます。

・イチョウ葉

 PMSの悪化の原因となる血行不良を改善し

 体を温める効果があります。

・レッドクローバー

 大豆の約10~20倍のイソフラボンを含み、

 女性ホルモンの働きを助ける。

・パッションフラワー

 生理前の精神的な不安感や緊張からくる、

 イライラや気分の落ち込みなどの改善

 に効果があるとされています。

このようにみてみると、

女性ホルモンの働きを整える成分や、

強い抗酸化力で体調を整える成分

いろいろ入ってるのもうれしい限りです!

生理前のつらいPMSだけではなく、

生理痛や月経不順、バストアップや

美白・美肌などの効果も

期待できるんです!!

サプリメントの名前は

「ルナベリー」です。

結構よく見る商品ですよね??

でも、私が色々試した中では、

ダントツで効果を感じられました。

気になるのは価格ですよね…

初回のお試し価格で500円です!

自分に合っているのかどうかを、

なるべく安く試してみたいですね??

1か月だけできちんと効果が出るか

不安だったので、はじめは母と姉に

お試しで購入してもらいました。

(本来ならばダメなんですけどね。。。)

でも、本当に自分の体質に合っていたので、

正規価格より10%OFF

定期トクトクコースを利用するように

なりました!!

私の場合は、

毎日服用するのではなく、

PMSの症状が出始めたな…

っていうところで服用すると

改善効果を強く感じられます。

そして最近ではかなりPMSが改善して、

ほとんど症状が出ない月もあるのですが、

お守り代わりとしていつも手元に置いています。

こんな小さな簡単なことで改善するなら、

悪化する前に試しておけばよかったな~

って感じました。

つらいPMSを改善する、

あなたの症状や体質に合った

改善方法を見つけてゆきましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ページの先頭へ戻る