生理前に胸・乳房・おっぱいが痛い!張る!!

生理前に胸・乳房・おっぱいが痛い!張る!!

乳房は生殖器のひとつなんです

生理前になると胸が張った感じがする。

乳首がいつもよりも敏感になって、

下着に擦れるだけで痛い。。。

こういった症状はPMS(月経前症候群)の、

代表的な症状です。

妊娠出産をする前は、

「おっぱいって生殖器である」

ていう論理に首をかしげていたものです。

おっぱいなんて飾りで、

女の体をわかっていない男どもの幻想

くらいにしか思っていなかったんです。

でも、妊娠・出産を経てそれを理解しました。

おっぱいを刺激すると、

子宮って収縮するんですね!

赤ちゃんがお腹にいるときって、

子宮が収縮するのがよくわかるんです。

子宮の筋肉がカッチカチに収縮して、

卵の殻みたいになることもあります。

(陣痛時以外は早産の可能性があるので、

 そういった症状が見られたら、

 すぐかかりつけ医にご相談くださいね!)

逆に子宮や卵巣から出るホルモンによって

瞬時におっぱいが反応して張り、

じわじわ~っと勝手に母乳が出る。

卵巣や子宮などの腹部の生殖器と

乳房って密接に関係しているんですね。

生理前のPMS(月経前症候群)の時期には

妊娠をつかさどる黄体ホルモンという

女性ホルモンが分泌されます。

この黄体ホルモンは、

女性の体を妊娠しやすくしたり、

もし妊娠した場合に妊娠を継続させる

働きがあります。

つまり排卵~生理開始までは、

妊娠の準備の時期でもあります。

卵巣の中の成熟した卵子の周りの、

「黄体」と呼ばれる白身のような部分から、

黄体ホルモンが分泌され、

体が受精卵を受け入れる準備を始めます

それに伴って、乳房も準備を始める訳です。

妊娠すると乳管組織が増殖し、

乳房が大きく張ります。

そして、乳首も赤ちゃんが吸いやすいように、

皮膚も薄く柔らかくのびるような感じになります。

その為に、乳首が敏感になって下着とこすれて

痛いという感じる人がいます。

私の妊娠前の乳首って、

消しゴムみたいな質感だなぁ

って自分で思っていたのですが(^^;)

妊娠・出産・授乳を経て、

おもちみたいにペタッとした質感で、

良く伸びる感じに変化しました。

まあ、赤ちゃんがほぼ24時間いつでも吸うので、

硬い消しゴムみたいだったら、すぐ切れたり

しちゃいますよね。。。

生理前の乳房や乳首の痛みは妊娠の準備

生理前のPMS(月経前症候群)乳房が痛い

という方は、妊娠中と同じ原理でそういった

症状が発生していると考えられます。

が張るからと言って押さえつけて圧迫すると、

かえって鬱滞して悪化する可能性があります。

妊娠用のノンワイヤーのソフトブラジャー

を試してみるのも良いかもしれません!

ふだんでも休日や寝るときだけでも使用すると、

快適に使えますよ~

また乳首が敏感になってつらいという方も、

シリコン製の乳頭保護器や保湿クリーム

使用してみるのも良いかもしれません。

「オリーブ油+ラップ」

というのもコストがかからなくて経済的ですが、

カブレや皮膚の酸欠には注意しましょう!

異常に胸が張って痛いという場合は、

女性ホルモンが乱れている可能性があります。

PMS(月経前症候群)の原因とも考えられている、

女性ホルモンの乱れを改善する方法を試してみる

のも良いかもしれません。

それでも改善が見られないという場合は、

何らかの疾患の可能性もありますので、

一度専門機関にご相談されることを

おすすめします。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ページの先頭へ戻る