ズキズキ!ジンジン!!生理前の気になる下腹部の痛み

ズキズキ!ジンジン!!生理前の気になる下腹部の痛み

生理前の時期になると、

下腹部に違和感を感じる。。。

子宮の辺りがズーンと重ダルイ!

うっ血しているみたいに、

ジンジン・ズキズキ!痛い!!

なにこれ?

まだ生理が始まっていないのに?

プレ生理痛??

私のひどい下腹部痛を改善したのはコレ↓

返金保証をうまく利用してください。

こちらから⇒「ルナテア」公式サイト

生理前の下腹部の痛みはPMS(月経前症候群)?

下腹部痛がどんどんひどくなる

はじめは子宮あたりの下腹部を

中心に痛かったのに・・・

そのうち胃の辺りまで不快感、

胃痛+吐き気。。。

重だるさが広がって

腰痛にまで。。。

これって何なの??

⇒生理前になると下腹部がズーンと重い

そんな風に疑問に思っている女性も

多いのではないでしょうか??

実はこれは、

生理前に多くの女性が感じる

PMS(月経前症候群)の症状の

代表的な症状のひとつなんです。

PMS(月経前症候群)の症状は

なんと生理のある女性の約80%が

経験するそうなんです。

でも・・・

私は特に下腹部痛がひどくて

異常なんじゃないかな??

そんな風に不安に思っている女性も

いますよね?

実は、

このPMS(月経前症候群)って

日本産科婦人科学会でも認められている

婦人科疾患=病気なんです!!

また、

この生理前のPMS(月経前症候群)

年齢が上がるごとに悪化してしまう

病気ですので・・・

なるべく早めに対処して、

改善してゆくことが重要なんです!!

PMS(月経前症候群)の下腹部って?

でも、

この生理前のPMSの下腹部痛って

どうして起こるの??

って気になりますよね??

まず、

この生理前の下腹部痛が起こる時期って

女性ホルモンの働きによって

子宮内膜が一番厚くなっている時期です。

子宮の中は、

子宮内膜でずっしりと重くなり、

今にも経血が溢れてしまいそう。

そんな、生理前の下腹部痛は

イメージの不快感ですよね?

そしてその、

子宮内膜にはプロスタグランジン

PGF2α・PGE2という痛みや炎症起こす

物質が含まれています。

つまり、

生理前の子宮内膜が厚くなっている時期は

プロスタグランジンPGF2α・PGE2

影響で下腹部痛が起こりやすいんです。

さらにこの、

プロスタグランジンPGF2α・PGE2

子宮収縮を起こして内膜を剥がし

月経血を体外に排出する役割もあります。

また、

生理痛がひどい女性の月経血には

プロスタグランジンPGF2α・PGE2

が多く含まれているというデータもあります。

ではどうして、

このプロスタグランジンPGF2α・PGE2

量が多くなってしまうのかというと・・・

月経をコントロールしている

女性ホルモンがストレスや生活習慣等で

乱れてしまう事が原因と考えられています。

生理前のPMSの下腹部を改善するには??

生理前の下腹部痛をコントロール?

「あー、もうすぐ生理来るなぁ」

って下腹部痛があるのに、

そこから生理開始までの期間って

地味にけっこう長くありませんか?

3日で生理が始まれば良い方で、

1週間、10日経ってやっと

生理が始まるなんてことも。

生理が来そうで来ない感じって、

すごくイライラしちゃいますよね?

特に、

大事なイベントや予定がある時ほど焦って、

生理と重ならないように本気で神様に

お願いしちゃったり(>_<)

それに生理って、

来てほしいって思うときほど来なくて

「もうどうでもいいや~」

って諦めた途端に生理…Orz

生理前の下腹部痛に

イライラするのって・・・

生理自体や生理の症状が

自分ではコントロールできないから

ではないでしょうか?

でも、

生理なんてピルでも使わないと

コントロールできないでしょ??

そんな風に思うかもしれませんが・・・

きちんと自分に合った有効成分を

見つける事で生理前のつらい下腹部痛は

コントロールする事ができるんですよ。

PMSの下腹部痛を改善する方法

でもじつはPMSって、

その原因やメカニズムが

まだはっきりとは解明されていません。

それはなぜかというと、

PMSはその人の生まれつきの体質や

生活習慣やストレス等の要因が複雑に

関係して起こっていると考えられている為です。

ですので、

全ての女性に効く特効薬というのも

残念ながらまだ存在していません。

でも、

きちんと自分に合った有効成分を

見つける事でPMSのつらい下腹部痛は

コントロールできるんですよ。

そして、

PMS研究の先進国イギリスの

PMS改善ガイドラインでは・・・

重篤な副作用や肝臓に強く負担がかかる

低用量ピル向精神薬(SSRI)

服用の前にイソフラボンチェストベリー

服用を推奨しています。

生理前の下腹部痛を改善するにはルナテア

生理前の下腹部痛の改善にはチェストベリー

生理前に下腹部痛がつらい・・・

という女性には「チェストベリー」という

有効成分が特におすすめです。

この「チェストベリー」は、

生理前のつらい下腹部痛の原因である

プロスタグランジンの生成に関わる

黄体ホルモン(プロゲステロン)

乱れを改善する効果があります。

さらに、

この「チェストベリー」

ドイツの厚生労働省にあたる機関で

PMS改善の有効性と安全性を認められた

有効成分でもあるんです。

そして日本国内でも、

PMS改善医薬品として認可された製品の

主成分でもあるんです。

ですので、

生理前の下腹部痛で悩んでいる女性は

まずはこの「チェストベリー」を試して

みると良いですよ!

さらに、この「チェストベリー」

医薬品と同量40㎎含んだ製品では、

ホットドリンクタイプの「ルナテア」

がおすすめなんです。

ホットドリンクタイプの「ルナテア」

というのも、

この「チェストベリー」って漢方薬と同じ

生薬なんです。

ですので、

錠剤タイプよりもホットドリンクで

摂取した方が吸収率が良いですし

効果も実感しやすいんです。

さらに「ルナテア」は、

チェストベリーだけでなく

「PMS改善+温活」有効成分を

14種類も配合しています。

値段も1日当たり66円

ペットボトルのお茶よりも安い価格で

PMS(月経前症候群)を改善して

くれるんです。

また私自身がこの「ルナテア」

続けている理由はPMS改善効果に加え

美味しいからです。

レモンティー+黒糖ショウガのような

なんだか懐かしい味なんです。

また、

今なら「ルナテア」公式サイトからの

購入で30日間の全額返金保証も

利用できます。

万が一体質に合わなかったり、

効果を実感できなくても安心して

お試しできますよね?

※返金保証利用できるのは、こちらの公式サイトのみです。

こちらから⇒「ルナテア」公式サイト

ページの先頭へ戻る