運転免許を取得されたばかりの女性へ・・・

生理前のPMSの時期は自動車事故を起こしやすくなる??

女性の月経周期と自動車事故の関係

「女性は車の運転に向いていない」

って聞いたことありませんか?

これってよく男性に言われることですが、

事実だと思いますか??

女性は生理前のPMS(月経前症候群)の時期に

車の運転が下手になる?!

運転免許を無事取得されて、

これから自動車の運転を楽しもうと

考えている女性に伝えておきたい事が

あります。

それは、

「生理前は車の運転に特に注意が必要である」

という事です。

女性は男性とは違った大切な

体の役割をもっています。

女性の体は月経周期とともに

月が満ち欠けするように変化しています。

それは、妊娠・出産のための

重要な機能です。

妊娠可能な時期は、

女性の体は『妊娠』を最優先して

働きます。

そのため、それ以外の働きが

おろそかになってしまう事があります。

たとえば、

妊娠可能な時期というのは

排卵~生理開始までの時期ですが、

その生理前の時期になると…

受精卵が子宮内膜に着床しやすくする為に

子宮の収縮運動や腸の蠕動運動を抑制する

という働きがあります。

その為に、

生理前は腸内にガスが溜りやすかったり

便秘になりやすかったりします。

それと同じように、

生理前の時期には…

◎イライラ・気分の落ち込み

◎頭痛・腰痛・腹痛などの痛み

◎集中力や思考力の低下

◎むくみ・めまい・吐き気

◎過眠・寝不足など睡眠障害

◎平衡感覚・空間認知能力の低下

などが起こりやすくなってしまいます。

これらの生理前の症状は、

車の運転と深い関わりをもっていて

いつもだったらしないようなケアレスミスが

重大な事故につながってしまう可能性もあります。

生理前の困ったPMSの症状を改善するには??

生理前のPMS(月経前症候群)の症状は

自動車の運転と深い関わりがあります。

特に重要なのは、

イライラ・気分の落ち込みや

集中力や思考力の低下などの

メンタル的な症状によって誘発される

判断ミス。

睡眠障害による居眠り運転。

平衡感覚・空間認識のズレによる

衝突事故。

こういった事によって自動車事故が

起こりやすくなってしまいます。

PMS(月経前症候群)と車の運転

これから、

じょじょに運転に慣れていく中で

こういった症状と月経周期との関連性を

感じることも多くなってゆくと思います。

そしてこういった症状は放置せずに、

気づいたときに早めに対処することが

重要です!!

ではどのように対処すればよいでしょうか??

いちばん良い方法は…

できればこういった生理前の時期に

症状が出てきた時点で、

運転を控えることです。

「あ、なんかちょっと変だな?

いつもと違うな??」

と感じたら車で外出するのを

できるだけ止めましょう。

けれど、

どうしても運転しなくてはならない、

運転しなければ生活に支障が出るから

運転免許を取得した。

という女性も多いですよね??

その場合には、

生理前のPMS(月経前症候群)

症状を緩和する改善薬を試してみるのを

おススメします♪

イソフラボンチェストベリーなどの

自然由来の有効成分を配合した

PMS改善薬ならば

運転中に眠くなったりすることは

ないので安心です!!

実はこのPMS(月経前症候群)

年齢が上がるとともに悪化する病気

でもあります。

今はひどい症状じゃないけれど…

という女性も早めに対策をして

早めに改善してゆくことが重要です!!

これから自動車の運転と上手に

付き合いながら、

長い人生をたくさん楽しみましょう♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ページの先頭へ戻る