妊娠超初期症状と生理前の歯肉炎の関連性

妊娠超初期症状と生理前の歯肉炎の関連性

生理前になると歯茎が腫れて出血する症状はPMS(月経前症候群)

生理前になると...

歯茎が腫れて歯が浮いたような

感じがする。

気になって歯茎を触るとかゆい~

かゆいからゴシゴシ歯磨きすると

歯茎から出血する...

だんだん歯茎の中に膿が溜ってつらい、

どんどんひどくなってズキズキ痛む

こんな経験ありませんか??

じつは、排卵~生理前までに

分泌量の増える女性ホルモンが

こういった口腔内のトラブルを

悪化させてしまうことが

知られているんです。

それは…

①歯周病菌の一部は、

 卵胞ホルモン(エストロゲン)が

 大好物!!

 生理前に多く分泌される

 この卵胞ホルモンを餌にして

 口腔内で大増殖する事があります。

②大増殖した歯周病菌の毒素によって

 起きた炎症を悪化させる働きを持つ

 黄体ホルモン(プロゲステロン)が

 生理前になると多く分泌される。

つまり、

①の卵胞ホルモンを餌にして

 大増殖した歯周病菌による炎症を

②の黄体ホルモンが悪化させてしまう

ということなんです!!

こういった症状は、

生理前に分泌される女性ホルモンと深い

関係性があり、生理前に発症する事から

PMS(月経前症候群)の症状のひとつ

と考えられています。

生理前の歯肉炎と妊娠超初期症状の関連性

でもこういった、

生理前のPMS(月経前症候群)

歯茎の腫れや出血などの歯周病の関連に

私はずっと気づいていませんでした。

「歯ぐきが腫れやすい時と

 全く問題ない時期があるな~」

とは感じていましたが、

それが女性ホルモンと関係があり

生理前に悪化するという事は

認識していませんでした!!

そしてこういった生理前の歯周病と

女性ホルモンの関係性を知ったのは、

じつは妊娠した時でした!

生理前の歯茎の出血は超妊娠初期症状?

 

その頃、

なんとなーく生理前に

歯茎が腫れやすいという事は

感じ始めていました。

そして、

ある月の生理前の時期に

ガマンできないほどの歯茎の痛み

襲われました。。

普通ならばバファリンをのんじゃう

ような痛さだったのですが

その時、ちょうど妊活中だったので

これまで体験したことのない生理前の

症状はもしかしたら...

という予想があったので鎮痛剤

なんとかガマンしました!!

たしか、

生理予定日の7日前ぐらいでした。

反応の良い妊娠検査薬なら、

ちょうど反応が出るか出ないかの

時期です。

妊娠検査薬試してみようかな??

とも思ったのですが、

あまりの痛みに寝込んでいました。

まだ新婚時代だったので、

「歯茎がめちゃくちゃ痛いから

 妊娠検査薬買ってきて~」

(なんのこっちゃ;)

とはさすがに旦那さんに言えず…

でも、私が歯が痛いということは

察してくれた様子で、

(歯じゃなくて歯茎が痛いんですが)

近くの歯科医院を予約して

連れて行ってくれました。

そこで、医師に

「数日前から歯茎が腫れて激痛があり、

 妊娠の可能性があるのですが

 まだ妊娠検査できる時期ではないので

 分かりませんが。」

と伝えると、

「ああ、妊娠中は歯肉炎なりやすいですよ!」

とあたりまえのように答えが返ってきました。

じつは、医科・歯科業界では

妊娠・生理中に分泌量の増える

エストロゲンプロゲステロンという

女性ホルモンの働きで、

歯周病になりやすい・悪化しやすい

というのは常識なんです。

そして女性ホルモン量は、

  生理前<妊娠中

妊娠中により多く分泌されます。

ですので、

生理前のPMSの時期に

歯茎に違和感があるという女性は、

妊娠するとひどい歯肉炎にかかって

しまう可能性が高くなります。

私は妊娠検査薬よりも早く、

歯肉炎で妊娠を知るって

かなーり情けなかったのですが...

この女性の歯肉炎は、

実はとっても危険な疾患なんです!

この生理前や妊娠中の歯肉炎は

1.歯周病菌が出す毒素で

  歯の根元の骨が溶けて

  歯が無くなる可能性がある。

2.歯周病菌やその毒素によって

  心臓病・肺炎・糖尿病などの

  全身疾患が起こりやすくなる。

3.歯周病菌の出す

 プロスタグランジンという物質が

 炎症や子宮収縮を起し、

 流産や早産のリスクが高まる。

 これは年齢やアルコールのリスク

 よりも7倍も高リスクなんです。

ただの歯茎の疾患と

生理前や妊娠中の歯周病を

軽視してしまうと、

女性や胎児の健康を損ねてしまう

可能性があるんです!!

そしてこれらの、

こわーい生理中や妊娠中の歯周病を

改善するにはどうすればよいでしょうか?

生理前や妊娠中の歯周病を改善するには?

女性ホルモンの変化による

生理前や妊娠中の歯周病を

改善するにはどうしたらよいでしょうか?

実際に、

生理前と妊娠中のひどい歯周病に苦しんだ

私が実際に試して改善した方法を

お伝えします!!

生理前や妊娠中の歯周病が起こる

要因としては以下のようなものがあり

それを取り除くことによって

私の歯周病は改善しました!!

①もともとの体質・生活習慣

 歯磨きの仕方の問題

②女性ホルモンの乱れや

 急激な乱高下

 

①を改善するために…

・歯周病菌を減らすオーラルケア用品を

 使用する。

・口腔内を清潔に保ち

 酸性に傾けないようにする。

(糖分の摂取を控える、

 歯磨きをこまめに行う、

 重曹うがいを取り入れる等)

①②を改善するために 

・早寝早起き、運動、

 バランスの良い食生活を

 心がける

などを試しました。

そのおかげで、

妊娠中は歯周病がそれ以上悪化する

ことも無く、なんとか出産までたどり

着くことができました。

そして出産後は、

②の女性ホルモンバランスを

安定させる事に力を入れました。

それは、女性ホルモンの乱れを改善し

PMS(月経前症候群)を緩和する

効果のあるサプリメントを摂取する事で、

大きな効果を得ることができました。

そして、第二子の妊娠出産の際は

歯周病で妊娠を知る事もなく(笑)

健やかな妊娠生活を送ることができました。

もしこれから、

妊娠出産の予定があり

生理前のPMS(月経前症候群)の時期に

歯ぐきが腫れるなどの歯周病の症状が

表れる女性は、PMS(月経前症候群)

改善してから妊活することを

強くおすすめします!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ページの先頭へ戻る