生理前に歯が痛い・歯茎が浮く・血が出る

生理前に歯が痛い・歯茎が浮く・血が出る

生理前になると歯肉炎が悪化する??

生理前になると、

決まって歯が痛くなる。

歯茎が痛いような、かゆいような、

浮いたような感じがする。

歯磨きをすると歯茎から出血する。

という症状はありませんか?

じつは私も生理前の

歯茎の腫れがあります。

というよりも、

歯茎の腫れで生理の訪れを予測します(笑)

ばっちい話ですみません!!

もともと、歯が弱いという

体質的なこともあるのですが、

生理の前は決まって歯や歯茎に

トラブルが起こります。

生理前の歯肉炎は女性ホルモンが原因??

意外と知られていませんが、

女性ホルモンには歯肉炎を悪化させる

という作用があります。

まず、

歯肉炎の原因となっているのが、

歯周病菌と呼ばれる細菌群です。

歯肉炎=歯周病というのはご存知ですよね?

そして、

歯周病菌の一種のrevotella intermedia

という菌は、女性のきめ細かい肌や

ふっくらした体つきを作る

卵胞ホルモン(エストロゲン)

大好物なんです。

ですので、

歯周病菌はエストロゲンを餌にしながら、

異常増殖してしまうこともあるんです!!

卵胞ホルモン『排卵』の時期に

分泌のピークを迎え、

生理開始直前まで分泌され続けます。

『排卵』PMS(月経前症候群)

はじまりでもあります。

また、排卵~生理開始直前まで

多く分泌される妊娠をつかさどる

黄体ホルモン(プロゲステロン)は、

歯肉の毛細血管に作用して炎症を

悪化させる作用があります。

なので。。。

卵胞ホルモンを餌にして

異常増殖した歯周病菌が、

毒素をだし歯茎に炎症を起こします。

黄体ホルモンがその炎症を

さらに悪化させます。

つまりダブルパンチなんです!!

そして、

生理前に歯ぐきが腫れやすいという方は、

妊娠した際にはもっと歯ぐきが腫れてしまう

可能性があるんです。

というのも、

妊娠すると生理前や生理中よりも、

女性ホルモンがたくさん分泌される

ようになります。

具体的には

妊娠初期~妊娠後期へとが進むにつれて、

黄体ホルモン(プロゲステロン)は約10倍、

卵胞ホルモン(エストロゲン)は約100倍、

にもなります。

つまり、

生理前の10倍以上歯周病になりやすくなって

しまうんですって!!

実は、

私も妊娠発覚より先にこの歯周病を発症し、

産婦人科の前に歯医者さんを受診しました。。。

その際、医師からは

妊娠の可能性がある場合は

麻酔も薬も使用できないので、

何も治療することができません。

ひどい歯周病の場合は

歯周病菌の毒素が子宮に到達し

流産する可能性がある…

と言われてしまいました。

その事実は本当にショック

歯ぐきの痛みも重なって、

何日も寝込みました。。。

生理前のこういった歯周病を、

単なる歯ぐきの腫れと甘く見ないでください!

歯周病の怖いところは…

1.歯を失ってしまう可能性がある

「歯ぐきが腫れて歯がぐらぐらするなぁ」

と思っていたら、突然歯が抜けてしまう

なんていうこともあるそうです。

2.流産・早産のリスクが7倍~8倍になる

歯周病の毒素が歯ぐきに炎症を引き起こし、

その炎症によって子宮を収縮させる

プロスタグランジンという物質が分泌され、

流産や早産を招いてしまうんです。

このプロスタグランジンは、

生理痛や陣痛を起す物質で

強い子宮収縮効果があります。

陣痛促進剤の成分のひとつでもあります)

これは、

年齢やたばこ・アルコールよりも

早産のリスクを高めてしまうんです!!

3.心臓病や肺炎のリスクが高まる

大量の歯周病菌の死骸が、

血液に乗って流されて心臓や脳の太い血管を

詰まらせてしまい、炎症により動脈硬化や

心筋梗塞や脳梗塞が引き起こされて

最悪命を落とす可能性があります。

また、寝ている間に歯周病菌

含まれた唾液が、気管支から逆流し

肺炎を引き起こす可能性が高まります。

(誤嚥性肺炎)

歯周病は歯の健康だけではなく、

女性やお腹の中の赤ちゃんの命にも

関わるとっても重大な疾患なんです!!

私のように

「妊娠を歯周病の悪化で知った」

なんて起こらないように…

しっかり妊娠前から歯周病を予防する事が

重要です!!

では、

実際に生理前の歯周病を改善するには

どうしたら良いでしょうか?

生理前の歯周病を改善するには?

もちろんきちんと歯磨きをして、

清潔に保つという事が重要です!

でも、しっかりと歯磨きをしていても

歯周病になってしまうという方も

多いのではないでしょうか?

実は最近の口腔学の研究では、

歯磨きの仕方や頻度だけではなく

生まれつきの体質や歯質

口腔内の細菌バランスなどが深く

影響しているとされています。

実は腸内細菌と同じように

口の中にも善玉菌悪玉菌がいて

悪玉菌が増えると虫歯や歯周病に

なりやすくなってしまうんです。

そこで、

限られた人の口腔内にしか存在しない

『BLIS菌』

(BLIS K12・BLIS M18)

という口腔内を清潔に保つ善玉菌を

補うことで虫歯や歯周病になりにくく

することが可能なんです。

最近、ヨーグルトなどでも「免疫力増強」

「アレルギー予防」「糖尿病改善」

などの効果の認められた機能性乳酸菌を

使用した製品がたくさん販売されていますよね?

インフルエンザの予防効果が認められた

明治の「R-1」ヨーグルトなどが代表的です。

一方この『BLIS菌』は、

口腔内で歯垢などの汚れの除去や

口臭の予防などの機能があります。

この『BLIS菌』を生きたまま配合した

歯磨き剤としておすすめなのは…

大人用ブリアン

という製品です!!

実際に私自身が、

妊娠初期にひどい歯周病を発症し

妊婦という事で歯科治療ができず、

歯周病菌の出す毒素によって

流産の可能性が高いといわれた際に

使用したのがこの『ブリアン』 でした。

「お腹の赤ちゃんが無事に生まれて欲しい!」

妊娠初期にその一心で、

安全・安心で高い口腔浄化効果のある

「ブリアン」を使い始めました。

実はもともと、

この「ブリアン」という歯磨き剤は

虫歯や歯周病に予防に高い効果のある善玉菌が

主な有効成分のこどものために開発された

安全性の高い歯磨き剤なんです。

市販の歯磨き粉やデンタルリンスに含まれる

発がん性物質発泡剤・研磨剤によって

口腔がん人体に対する害が多く発生する

という事はご存知でしょうか??

確かに1個100円の歯磨き粉と比べれば、

「ブリアン」はかなり高いかもしれません。

けれど100円の歯磨き粉がもたらす

人体への害や、予防効果などを考えれば、

逆におつりが来ます。

虫歯や歯周病になって、

歯科医院に通えば

初診で5000円

1回の診療で2000円を複数回。

大体3か月程度の通院で、

5万円~10万円程度の出費になると

いわれています。

(また、虫歯になってしまったり

 歯周病菌で顎の骨が溶けてしまうと

 二度と再生はしません。)

例えば「口腔がん」になってしまったら

数百万円という出費です。

また、妊娠中の歯周病によって、

流産の危機にさらされる胎児を救うのに

1か月あたり数千円を惜しいと思いますか?

妊娠中の10か月弱の間だけでも、

すべての妊婦さんに「ブリアン」を使って

欲しいとさえ願います。

そして出産後のお母さんの口腔内に

細菌が多いほど子供の虫歯のリスクが

高まるといわれています。

ですので、うちの子供たちにも、

永久歯がきちんと生えそろって硬くなるまで

このブリアンのこども用を使わせています。

永久歯は70年以上使い続けるものですので、

1000万円前後かかるインプラントなどと

比較しても自分の永久歯を守れるならば

安いと思っています。

そして、

生理前や妊娠中の歯周病の対処法として

腔ケアと同時に女性ホルモンの側からも

対処することでより効果が高まります。

具体的には、

口腔ケア+体調を整える

+女性ホルモンの乱れを整える

という複合的な対処法が大切です!

体調を整えるというのは

あたりまえですが…

「早寝・早起き・快食・快便」

を心がけることにつきます。

あたりまえですが、

これをきちんと実行するのって、

かなり大変なんです。

たとえば睡眠ですが、

10時にはきちんと眠っていないと、

成長やアンチエイジングに関する、

ホルモンって分泌されないんです。

10時に眠るって、いまどき中学生でも

難しいですよね??

 

せっかく便利な時代に

生まれたのですから、

女性ホルモンの乱れを整えてくれる、

漢方薬やサプリメント・ビタミン剤など

を有効に活用しましょう!!

実はこれってPMS治療の先進国の

イギリスでも進められている方法なんです!!

日本の病院では漢方とピルぐらいしか

選択肢がありませんが、

欧米では病院で様々なビタミンやハーブなどの

処方が受けられるそうなんです!

私が実際にいろいろ試した中で

効果を実感できた有効成分は、

「チェストベリー」という成分です。

この「チェストベリー」の歴史は長く

古来よりPMS(月経前症候群)の改善に

使用されてきました。

その際にたくさんの女性に服用され、

臨床的にも安全性有効性

認められています。

また厳密さに定評のあるドイツの厚生労働省に

あたる機関で「チェストベリー」

有効性と安全性を認められています!!

こういった女性ホルモンの乱れが

妊娠中に歯肉炎を起しやすくしたり

妊娠中のマタニティブルーを悪化させる

要因になってしまいます。

これは、妊娠すると生理前の

PMSのイライラ等の原因となる

女性ホルモンが10倍以上分泌される

からなんです。

これから妊娠を考える女性は

ぜひPMS(月経前症候群)を

改善してから妊活を開始することを

強くお勧めします!!

(これは自分の経験からの反省です)

PMSの症状に有効性と安全性が

認められているチェストベリー

配合した「ルナテア」がお勧めです!

もし、あなたが妊娠前でしたら迷わず

女性ホルモンの乱れを根本から改善してくれる

「ルナテア」をおすすめします!!

チェストベリー配合で吸収率・即効性No1の「ルナテア」

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ページの先頭へ戻る