生理前に下痢が続く症状

生理前に下痢が続く症状

生理前になると、決まってお腹が緩くなる。

今月も生理きそうだな。。。

っという時期になると、

必ず下痢になる。。

お休みの日だったら、

自分の都合ですぐにトイレに駆け込めるケド...

授業中や仕事中、電車やバスに乗っている時でも、

お構いなしに襲ってくる便意。

会議やデートの途中でトイレに行くのって、

かなり恥ずかしいですよね??

今はトイレにいけない!!

ガマンしているとギリギリ下腹部が

痛み出して、顔面蒼白で脂汗が噴き出す。

下痢ってかなりつらいですよね?

生理前の下痢の原因とは?

生理前の下痢は、

生理前に分泌される女性ホルモンである

プロゲステロン(黄体ホルモン)の作用が

深く関係していると考えられます。

プロゲステロンは女性の体を妊娠しやすくし、

また妊娠を継続しやすくする作用があります。

生理前の期間というのは、体内で卵子が排卵されてから

 生理が来るまでの期間で、妊娠可能となる期間です。

その時期にプロゲステロンが多く分泌され、

 さまざまな働きをします。
 

子宮は実は大きな筋肉でできており、

普段から様々な要因で収縮しています。
 
  
 
たとえば、SEXで深いオーガズムに達したとき、

子宮は激しく動きます。

また、排便や腸の動きに伴っても、

子宮は収縮しまいます。

 受精卵は子宮の内膜に着地し、

ゆっくりともぐりこむのですが、

その際に激しく子宮収縮が起こってしまうと、

上手く着床できなくなることがあります。

 
 

その為、生理前に分泌されるプロゲステロンには、

より着床が上手くゆくように、

子宮の収縮腸の蠕動運動を抑制する

という作用があります。

そして腸の蠕動運動が抑制された結果、

便が排出されにくくなり、

便秘が引き起こされやすくなります。

え?便秘??

生理前の下痢症状について知りたいんだけれど?

すみません、説明が長くなりました。

生理の2週間前~直前の時期までは、

プロゲステロンの働きで便秘になりやすい

というのは理解していただけましたでしょうか?

妊娠は女性の体にとって最優先事項なので、

腸の欲求である排便よりも、

優先させてしまうんですね?

しかし、今月の妊娠の可能性が無くなり

古い子宮内膜がリセットされる(月経)場合、

プロゲステロン働きは停止して、

子宮の収縮や腸の蠕動運動もはじまります。

生理が始まると子宮内膜を剥がし、

体外に排出しようと子宮は活発に収縮します。

そうするとどうでしょうか?

腸に滞っていた便を一気に排出しようと、

腸も激しく蠕動運動をします。

そしてそれが、下痢に繋がってしまうんですね。

そして、子宮内膜排出が終わるまでは、

子宮は収縮を続け、それに伴い腸も動くので、

下痢が続いてしまうと考えられます。

生理前の下痢の改善方法

また腸は自律神経の乱れや、

ストレスなどの影響を受けやすい

臓器です。

生理前のPMS(月経前症候群)や生理中

不快な症状が強い場合も、

下痢を悪化させてしまう事があります。

ホルモンバランスや自律神経の乱れを

改善してPMS(月経前症候群)

緩和するという事も重要です。

また、あまりにも生理前の下痢がひどい

という方は、一度専門機関を受診される

ことをお勧めします。

生理前という生理周期に関わる疾患なので婦人科

という選択肢もありますが、

心療内科なども自律神経やホルモンの乱れからくる

過敏性腸炎などを専門としている機関です。

あなたに合った改善方法が見つかると良いですね!!

 

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ページの先頭へ戻る