生理前ってやっぱり本当に太るの??

生理前ってやっぱり本当に太るの??

生理前ってみんな太るっていうけど、本当に太るの?

答えは

「YES!」

残念ですが…

生理前は「むくむ」っていう言い方をする人もいますが、

あえてはっきり言いますね!

生理前は非常に太りやすくなります!!

でも、これってじつは女性にとって重要な体の働きなんです。

なぜ女性が生理前に太るのかと言えば、それはズバリ!

栄養を蓄えて妊娠しやすくし、万が一妊娠した場合に

胎児や母体に栄養の不足が起こらないように

準備するからなんです。

人間の女性は、自身の体内で命をはぐくむので、

妊娠した際に栄養がたっぷりあるという事は、

とっても大切な事なんです!

現代のように食べ物が溢れているという時代は、

人間の歴史の中で富裕層を除いては皆無でした。

ですので人間は、いつでも飢餓状態に備えて、

蓄える能力が発達してきました。

逆に栄養過多による防衛能力を習得してこなかったので、

肥満や糖尿病や高脂血症などの生活習慣病で

命を落とす人が、現代ではたくさんいます。

しかし、本来人間は野生生活の中で、常に飢餓状態に

さらされながらも、妊娠・出産・授乳・子育てを行ってきました。

羊水を含めると7㎏前後にもなる胎児を体内ではぐくみ、

命がけの出産を経て、自分の血液から作られる母乳のみで

子供を半年~1年育てるんです。

これには大変な体力や栄養が必要となります。

その為、栄養が摂取でき妊娠の可能性がある状態になると、

女性の体は必死で栄養を体内に蓄積します。

生理前に太る原因は黄体ホルモン??

具体的にそういった働きをするのが女性ホルモンの一種である、

「黄体ホルモン」と呼ばれるもので、妊娠が可能となる排卵後に

体内に多く分泌されます。

黄体ホルモンの具体的な働きには色々な働きがあります

☆血糖値を下げるホルモンであるインスリンの働きを鈍くし、

  血糖値を不安定にしやすくする。

 ・甘いものや油っぽいものが食べたくなる。

 
 ・いつもと味覚が変わり、普段食べないものを食べたくなる。

 ・空腹を感じやすくなる。

 ・イライラ、めまい、低血糖、脳貧血が起こりやすくなる。

☆栄養を体内に貯めやすくする

 ・栄養が吸収普段よりよくなる。

 ・子宮や腸の動きが抑制され便秘になりやすい。

 ・体がだるく感じやすく、活動量や運動量が減り、代謝が落ちる。

☆水分を体内に貯めやすくする

 ・水分の代謝が落ち、むくみやすくなる。

つまり…

 ①空腹感+②イライラ・ストレス+③栄養吸収が良くなる+

 ④便秘+⑤代謝が落ちる+⑥むくみ

という6つの要因から、生理前は太りやすくなってしまうんです。

というか太らないほうがおかしいですよね??

じゃあ生理前に太るのって避けられないの?

ってあきらめちゃう女性も多いかと思いますが、

実はこの生理前の太るという症状もPMS(月経前症候群)の

症状の一種なんです。

ですから、PMS(月経前症候群)が緩和されるように改善してゆけば、

生理前に太ってしまうという症状も緩和できると考えられます!

PMSを具体的に改善するには?

ではPMSを改善するには、具体的にどうしたらよいでしょうか?

PMSの原因や症状は人によって違います。

その人の体質に本当に合った改善法を探してゆくしか、

実は方法がありません。

でも、きちんと改善を目指して努力すれば

必ずPMS(月経前症候群)は改善します!

あなただけの改善方法を探してみましょう!!

まずは自分の生理周期をよく知り、

PMSの症状がいつどんなふうに表れるのか、

どういったことをすると悪化したり改善するのかを

把握してゆきましょう。

PMSを改善するにはストレスや食生活の乱れからくる

女性ホルモンの乱れを正すことが重要です。

生活習慣を見直しながら、PMS(月経前症候群)

の改善効果のある治療薬やサプリなどを

試してみるものひとつの方法です!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ページの先頭へ戻る