PMS(月経前症候群)は年齢と共に悪化します!

PMS(月経前症候群)は年齢と共に悪化します!

PMS(月経前症候群)の別名「30代中期症候群」

初潮はだいたい10代前半のティーンエイジで

起こりましたよね?

閉経は45歳~55歳くらいのアラフィフ世代で

訪れる女性が多いそうです。

その間に、女性は恋愛やSEX、結婚、妊娠、出産など

様々な経験をします。

それは女性の人生の大切な喜びとともにある節目である

と同時に、多大なストレスでもあるんです。

恋愛を実らせるために、無理なダイエットをしたり、

大好きな彼に気に入られるように努力したりというのも、

実はストレスを溜める原因になっているんです。

結婚は相手の家族との付き合い、妊娠・出産は

マタニティブルーや子育てなど、自分の思い通りに

ならない事の連続です。

そういったストレスの積み重ねが、女性の体を蝕み、

女性ホルモンの乱れを招きます。

そういったことが、生理前のつらいPMS(月経前症候群)の

原因であると考えられています。

そして、じょじょに年齢を重ねるに従い、

女性の体の機能が衰え、女性ホルモンの分泌が

減少してゆきます。

その為に、PMS(月経前症候群)は年齢を重ねるほど、

症状が悪化して期間も長くなることが多いそうです。

「30代中期症候群」っていう言葉を知っていますか?

これって実はPMS(月経前症候群)の別名なんです!

すっごいアバウトなネーミングだなぁと思うんですが、

まあ言いたいことはなんとなーくわかる?かな~(^^;)

30代中期の女性に、しばしば見られる、生理前の不定愁訴

(検査等では問題ないのに、不快な症状が表れる状態)

のことを言うんですって。

30代限定で起こる疾患ではないのですが、30代の女性に

 特にに多いのでそういった名称なんだとか。。。

じゃあPMS(月経前症候群)って「30代中期症候群」って

言うくらいだから、10代20代から少しづつ悪化して

ピークは30代で、そのあとは別に悪化しないんじゃない?

と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが…

40代はPMS(月経前症候群)がなくなる!?

40代に入ると、生理前だけではなく生理自体の異常が

起こりやすくなってきます。

20代、30代には月経周期がきちんと一定だった人も、

生理が予定より早く来たり遅く来たり、出血の期間が

短くなったり、逆に少量出血がずーっと続いたりする

生理不順などの月経異常が起こってきます。

不正出血など重大な疾患と深く関係している

症状も月経異常の症状のひとつです。

40代に入り月経異常が増えてきたからと言って、

生理前のPMS(月経前症候群)の症状が無くなる

のではなく、

『生理前のPMS(月経前症候群)』+『月経異常』

という状態になってくることが多いそうです。

『PMS(月経前症候群)』のなんだかイライラする等

つかみどころのないあいまいな症状よりも、

出血量や日付で判断しやすい『月経異常』に

どうしても目が行くようになります。

そして40代の『月経異常』の原因の多くは、

閉経に向かって体が準備を始めたという事で、

それが意味するのは『更年期』への突入です!

『更年期』ってまだ10代や20代や30代の女性には、

遠い存在ですよね?

でも、もしあなたが女性で月経があるならば、

必ず通る道です。

『更年期』には更年期障害と呼ばれる

イライラ・ほてり・頭痛・睡眠障害・倦怠感・無気力など

さまざまな症状が表れます。

更年期障害は女性の生殖機能がじょじょに

失われる際に、体の中でホルモンの分泌などが変化

することによって、あらわれるつらい症状です。

この更年期障害は実は『PMS(月経前症候群)』と

原因や症状が共通するところが多いんです。

つまりは…

10代20代からのPMS(月経前症候群)を放置しておくと、

30代のPMS(月経前症候群)のピークから、

40代で月経異常がプラスされ

アラフィフで更年期障害が重くのしかかり…

閉経に至る!!

女性は30代40代の20年間ずっと苦しいの確定なの??

こんなんだったらはやく閉経してほしい!!

そんな風に感じてしまう女性もいるのではないでしょうか?

PMS(月経前症候群)は改善しない?!

いえいえ、だいじょうぶです!

この負の流れから抜け出せる方法があるんです!

それは…

自分の心と体と向き合い、

自分の心と体を上手にコントロールする技術や方法を身に付け

PMS(月経前症候群)を改善する!

ということなんです。

それには、乱れた生活習慣やストレスなどを

一切取り除き、規則正しい生活を送ることが

第一歩となります。

単純でとっても当たり前の事ですよね?

確かに単純で当たり前のなことなんですが、

では、いまあなたはそれをできているでしょうか?

たとえば・・・

・砂糖などの血糖値を急激に上昇させる食物や食品

・添加物の排除、暴飲暴食や無理なダイエットも禁物です!

・運動は週3回程度30分以上の有酸素運動を継続する!

・夜10時以降の夜更かしもよくありません!

・ストレスはできる限り減らしましょう!

・そしてそれらをずっと継続して行く必要があります!

それも、ただでさえ忙しい生活の中でです。

三食バランスのとれた体に良い食事をと考えると、

三食自炊するというのが一番近道です。

女性ホルモンは体脂肪の量と深く関係があります。

人に美しいと認めてもらえる美容体重ではなく、

ちょっとぽっちゃりな健康体重を維持する為に

ダイエットしたり太ったりする事ってできますか?

帰宅時間が夜10時なのに、10時に就寝なんて無理!

睡眠時間も減らしている状態なのに、

運動のために時間をとることってできますか?

会社や学校、家庭や子育てのストレスは

どうやって減らせばよいでしょうか?

一度にすべて変える必要はありません。

自分の生活を振り返ってみて、今、自分にできることから

ひとつづつ改善していってみましょう!

また、現在PMS(月経前症候群)の研究が進められており、

実際に効果の認められた改善治療薬なども

手に入るようになってきました。

産婦人科に行くのは恥ずかしい、時間がないという方には、

気軽に色々試すことのできるサプリメントなどもおすすめです。

自然派にこだわりたいという方には、漢方薬もあります。

ただ注意したいのは、漢方薬は中国の薬であり原産国も

中国や韓国というものが多く、高濃度の残留農薬の報告もあります。

(病院でも処方されるツ○ラの漢方でそういった報道がありました)

自分に本当に合った、改善方法や治療薬を見つけてゆきましょう!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

ページの先頭へ戻る